アルバイトの子が妊娠して退職することになった(確かそのとき妊娠8ヶ月くらい)。
勤務場所は違う建屋だから普段顔を合わせないんだけど、うちの課の補佐的な仕事をしてくれてた関係で、うちの課にも挨拶に来てくれた。

退職の挨拶の後、その子を外まで見送ろうと後を追いかけたら、うちの課のお局様が一足先にその子を追っていった。
で、うちの課のお局様がその子に声をかけながら、段差の途中にいたその子を突き飛ばした。

慌てて駆け寄って大声で助けを呼んだんだけど、ふと振り返ったら真後ろにうちの課のお局様が仁王立ちしてて、俺と目が合った途端にすげー笑い始めて、正直チビるかと思った。




結果、その子は膝と頭の横を縫ったけど、骨も脳も無事。
赤ちゃんはそのまま早産になったそうだけど、障害も何もなく無事に生まれたとのこと。
たまに仲良しの子が会いにいってるそうだけど、すごく順調に大きくなってるようだ。

ちなみにそのお局様、まだうちの会社の所属になってる。
社内規定の関係で、裁判の結果が出るまで首にはできないんだそうだ。

なので、私物とかが俺の隣の机に未だ置きっぱなし。
仕事の引継ぎしなきゃいけないんで引き出し開けたら、神社のお守りとか何とかクリニックとか書いた診断書?通知書?がわさわさ出てきて鬱になりそうだった。

裁判が長引いてるのは心神耗弱狙いで弁護士が頑張ってるからだって聞いた。
あと不妊様の旦那が

「妻の減刑を~」

とか言って署名集めにやってくるのが不愉快。
『被告人は○○(誠実とか優しいとか)な人柄で、日頃から社内の信頼もあつく~』って感じの嘆願書を作って、署名とあわせて裁判所への提出資料?にするんだそうだ。

割とオープンな会社で、昼休みに保険屋とかヤクルトのお姉ちゃんとか入ってくるんだけど、それと同じような感じで入ってくるからタチが悪い。

「そろそろ出入り禁止にして欲しい」

と総務に言ったけど、

「政治活動でもないし、宗教活動でもないし、難しいですねぇ~」

って濁されて終了。