ペット不可の分譲マンションに住んでるんだけど構わずに飼ってる人が数世帯いる。
そのほとんどは敷地内ではキャリーに入れて移動するなどコソコソ飼ってる感じ。

例外がA家の犬でよく吠えるからうるさいし大型犬だから普通にリードでエレベーターとか敷地内を歩かせてる。
そのせいで騒音や

「子供が見かけて犬を欲しがってる」

といった苦情が絶えなかった。
理事会でも度々議題に上がっては有耶無耶になってたが新しい理事長がついに話を進めてくれた。

その結果ペットは登録制で今飼ってる一代限り・飼育家庭の布団干しや敷地内でキャリー以外の移動は厳禁。
違反した場合は退去を迫ることになった。

A家は特に強く反発したが飼育反対派も堪り兼ねてたので譲らず。
その後も散歩しているところを見かけては理事長や反対派が犬を手放すか出て行くよう言い続けた。

規則を受け入れた他の飼育世帯も仲良くしてくれなくなりA家は完全に孤立した。
そんな生活が数ヶ月続いてA妻がおかしくなった。




いつものように散歩中に反対派に囲まれて注意されていたら、いきなり鞄から包丁を取り出し犬にぶっ刺した。
何度もめった刺しにして動かなかなった犬の毛を毟り

「お前らが殺した!」

と叫びながら反対派に投げつけたらしい。
その一月後にA家は引っ越して行ったがA夫が反対派や上下左右の世帯に

「こんな冷酷な人たちとは暮らせませんからね。あなた達が尊い命を奪ったことを覚えててください。」

と捨て台詞を残していったそうだ。
一番神経分からんA妻はひたすら

「引っ越したくないし犬も手放したくない」

と言い続けてたこと。
私も実家では犬を飼ってたから飼育する側の気持ちは分かってるつもり。

でも夫がアレルギーだから今の家を買ったしそのために子供には我慢してもらってる。
ペット不可の物件でわざわざ飼う意味が分からないし退去するのが嫌なら手放すのが当たり前だと思う。

ペット可の引越し先や里親が見つからないなら保健所行きも仕方がないとも。
それに保健所なら万が一でも誰か引き取ってくれる可能性があった。

少なくともめった刺しよりは苦しまずに処分してもらえただろうに。
飼い主の我儘に振り回されて悲惨な死に方した犬がひたすら可哀想だった。