早朝に、義弟嫁から、泣きながら電話が来て

「やぎを買ってください」

って言われた。
やぎ=山羊、あの白いメーってなくあの山羊でした。
ヤギがいると家を追い出されるからとか、子供がいじめられるからとか話の内容がわかんない。

だいたいどっからヤギが来た???
仕方がないから、旦那を叩き起して、音をスピーカーにして一緒に聞いてもらう。
どうやら、義弟家の子がアレルギーで牛乳が飲めないから、代わりにヤギ乳が欲しくて買ったみたい。

新興住宅地の借家のミニ戸建でヤギ飼ったら、大問題だって買う前からわかりきってる。
…てかヤギなんかどこで買ったのか謎。




だってこっちはもう少し田舎だけど、近所で一匹も見たことないよ。
さらによくわからないのは、うちが義弟家のヤギを引き取ったら、ヤギ乳はクール宅急便で送って欲しいと言ってる。
ここで、寝起きで期限のよくない旦那が怒って

「ふざけんな、そんなもん誰が引き取るか」

と一喝。
義弟嫁は、

「ひどい!だましうちするなんて!」

と泣きながら電話を切った。
わけわからん…

そのまま旦那は出勤して、さっき電話をくれた。
昼休みに電話で義弟を捕まえて話したそうで、やっぱり庭にヤギがいて匂いや声でご近所で問題になってるってことだった。

近所の小学校、幼稚園貰ってくれないかへ聞いたら断られ、動物園にもヤギは余ってると断られ、八方塞がりだとか。
旦那はウチでもヤギはいらないから、義弟嫁にうちを当てにするなと言えと言って電話を切ったそう。
…結局、義弟嫁がヤギをどこから入手したものか、義弟にもわからないらしい。