自営で事務所をもってたとき、空き巣に入られた。
で、警察呼んで、現場検証しつつ、聞き取りも事務所内で。
そしたら『現場検証なんていつものことよー』ってゆるーい(多分私があばばばってなってたから緊張しないようにしてくれてた)雰囲気がだんだん張り詰めてきた。

『えっ…何事…』

って真っ青になってたら

「誤解しないで欲しいんだけど、回し者じゃないんだけど」

と前置きしてから、

「警備会社に入った方がいいよ」

と、なんでも私の話した事務所の状況は空き巣にとって『美味しい稼ぎ場』らしく、その一つは毎日同じ時間に帰ってからまた事務所に来ないとか、そういうのなんだけど立地条件が更に拍車をかけて天国状態。
でも事務所だし、今回はたまたま一万円(代引き用に残してと)置いてただけだしと逡巡した。




「ここら辺だったら警備会社~しかないし、ほんと回し者じゃないんだけど、空き巣日本人じゃないよ。なんでって聞かれても捜査に影響でるから教えてあげられないけど。多分もう一回空き巣入るし、そのときに何もないと事務所燃やされるよ」

ってダメ押しで言われて、結局警備会社と契約した。
怖いのはそっからで、警備会社と契約した時に前述をそのまま伝えたらすっと真顔になって

「あ、もう一回入りますね。警備会社に入ってますのシールデカイのいっぱい渡すんで、ペタペタ貼ってください。もう一回入りますけど。そのあとはうちにヘイト向くんで大丈夫ですよ」

って普通3枚くらいしか渡さないデッカいステッカー10枚くらいくれた。

そして三カ月後もう一度空き巣に入られた。
二度目に来てくれた警察官に

「やっぱり入った?外れた方が良かったんだけどね。嬉しくない感が当たったなあ」

と言われて、警備会社のステッカーを見てから

「うん、これ見てるから~会社に窃盗失敗の恨み行くから大丈夫」

ってさらっといわれたのも怖かった。