父と離婚して出て行った母が死んだので姉妹で葬式に参列したのだけど、火葬場で母が焼かれる時に妹が高笑いを始めた。
母方親戚や再婚相手とその子供皆ギョッとはしていたけど、誰も諫めなかった辺り母の人柄だなあと思ったけど。

その後妹が一人暮らしの家へ帰るまで延々と子供時代に母にされた虐待の数々、それを見ていながら何もしなかった父と私に対する呪詛をずっと聞かされ続けた。

母は今で言う毒親で借金癖があり男癖の悪い最悪な人。
事故で死ぬ直絶まで親戚中に金をタカり再婚相手の子供(男の子)に身売りまでさせようとした。
何処に出しても恥ずかしい鬼畜だったので、葬儀で泣く人も誰一人居なかった。

2つ年下の妹は日常的に暴行を振るわれており、私からのおさがりでスカートやふりふりした服は一切妹にまわさなかった。

「二人目は男の子が欲しかったのに失敗しちゃった」

と母はよく言ってた。



妹に対する体罰は子供の私から見ても相当なもので覚えている限りでも、父や祖父母が買い与えてくれた玩具が壊れるまでそれで殴り続けたり、枕やタオルで窒息寸前まで締め上げたり、階段の一番上から突き落としたり、妹曰く私が母が食べていたチョコをおねだりしたら普通に貰えていたのに、妹は貰えずこっそり1粒だけ盗み喰いしたら吐くまで腹を殴られたり、『休日公園に遊びに行きたい』と言っただけで嫌味を言われ、友人から借りて練習して『自転車に乗れるようになった』と言ったら『姉は乗れないのに』と殴られ、真冬に肌着一枚で父が帰ってくるまで玄関前に閉め出され、同じ団地に住んでいる同級生に見られ、以降腫れもの扱いを受けた事もあったそうで

「お前は可愛くないし、いくら頑張っても無駄何の才能も無い嘘吐きで最低な人間だ」

とずっと言われていたらしい。
姉の私は愛玩子と言うより発達障害を持っているので過保護に育てられたと言った方が正しいかも。

その発達障害も子供の頃は学校側から言われていたのに頑として母が認めず検査も受けてなかったので、大人になってから正式にわかったものだけど子供の頃から人付き合いが苦手で大人しい子だったと思う。
そんな私と対照的に活発でチャレンジ精神豊富で友達作りに励み目立つ妹に矛先が向いて、たまたま免れていただけなのかもしれない。

両親が離婚したのは妹がまだ10歳かそこそこの頃だったけど虐待をよく知らなかった父に対して癇癪を起こすようになって、今度は父になぐられるようになってた(これは教育の範囲内だと思うし妹も理解はしている様だけど父は力加減が出来ない人だったらしい)。

せめて私が両親が離婚する際に母の妹への仕打ちをはっきり父に伝えられていれば、父や私に知識があり適切な対応を妹にしてやれていればと今更になって思う。
精神的に不安定なまま妹は今日まで生きてきた事をあれだけ間近で暴行を見てきた癖に母が死んで妹が笑いながら全部ぶちまけるまで理解しきれなかった事を今更になって凄く後悔している。