庭を掃除してたら、喪服を着た男性に道路から声を掛けられた。

「〇〇の自宅を御存じですか?」

って言われたが、そもそも番地が存在しないので

「知りません」

と答えた私。
青白い顔で位牌を手に聞いてきたので怖くて。



翌日、隣の語主人が事故で亡くなってしまった。 
偶然とはいえ、何だか喪服を着た男性の存在が不気味で頭から消えない。
去年の話です。