私はコンビニで深夜にバイトしてるんですけど、店員として怖かった体験を一つ。
来店していきなり、

「ハサミかして!」

って言ってきたおばはん。
何をするのかと思いきやそのままトイレへダッシュ!

『あの…なぜにハサミが必要なの?…まともな人じゃないのかな…』

と思ってたら、その人ぜんっぜんトイレから出てこない。

『まさか自殺?』

と心配になったのでちょっと入り口から見てみたらいましたよ、鏡の前に。




ハサミをなにやら必死に動かしてる…

『はぁ!? 』

なんとそのおばはんはトイレの手洗い所の鏡の前でジョッキンジョッキン自分の髪を切ってる!
夢中で切ってるからこっちの事なんてぜんぜん気づかない。

私もトイレ行きたかったのに…
怖くなったので一応一緒に働いてる人に報告して、しばらく普通に仕事をやってたら

「どうも…」

ってレジの前にハサミを置いてス-っと出ていった。
やっぱり髪型は変わってました。

奇妙なことに、トイレに毛は落ちていませんでした。
ええ、そりゃもう洗いましたとも。
なんか油っぽい毛が付着してて臭かったし。

今回は用紙を切るためのハサミだったから良かったようなものの、これが調理用だったりしたら…
おえっ…
九州のとあるコンビニです。