医学生の友達が緊急病棟の研修をした時の話。
都会の緊急病棟には、交通事故の他によく運ばれてくるのが『自殺失敗者』だ。

その日も、3人目の飛び降り失敗者が運ばれてきた。
自殺志願者には珍しく、着飾った感じの若い女の子だった。

着飾ったというのか、ビジュアル系バンドの追っかけのような少し変な格好。
黒いレザーのジャケットに、赤いチェックのミニスカート、そして真っ白なブーツ。

髪は茶髪でツインテール。
顔は変な形になって運ばれてきた。

緊急病棟で研修の医学生がすることは二つあり、まずは医師の治療を見ること。
もう一つは看護士さんの雑用の手伝いだ。



そして、緊急病棟で大事な雑用といえば、身元確認の為の荷物検査だという。
もちろん、先ほど運ばれてきた着飾った女の子の手荷物も検査する。

治療をしている部屋とは別の部屋で、看護士さんと一緒にその女の子のバッグを開けた。
中には、ゴチャゴチャした肌色の部品のようなものが入っていた。

『なんだろう?』

と、バッグをひっくり返して全部出す。
よく見ると、口紅やファンデーションに混ざって、バラバラにされた人形の足が入っていた。

それはリカちゃん人形のような人形で、腕、脚、胴体、頭、とバラバラにされている。
しかも、裸ではなく服を着たままだった。

そして、バラバラにされている人形の着ている服が、黒いレザーのジャケットに、赤いチェックのミニスカート、そして真っ白なブーツだった。