中学時代の私は太っていた。
平均体重より少し重いくらいだったが、体よりも顔に肉がよく付いていたせいで実際の体重よりも太って見えていた。

それが原因らしくて、いじめられた。
そして、私は多少の事では音(ね)を上げなかったので、益々いじめはエスカレートしていった。

初めはからかい程度だったのが、そのうち何が原因でいじめが始まったのか分からなくなるくらい、陰湿で暴力的な内容になっていった。
金品までは要求されなかったが、下校途中にクラスの多数の女子に囲まれて、殴る蹴るをされたりもした。

私は親にすぐ相談し、そして親も学校に訴えてくれたのだが、学校は『いじめはない』の一点張りだった。
そんな事で、どうせ卒業までの間だろう、と私は半ば諦めていた。
今思えば、そういう態度が彼女達の癇に障ったのかも知れない。

その日も、学校帰りに総合団地の隅にある死角に引きずられてきた私は、クラスの女子達からの

「デブ」
「死ね」

コールと共に腹を蹴られ、足を蹴られ、頭を殴られた。
ただ彼女達も心得たもので、出血するほどの強さで暴力は振るわない。
せいぜい痣が出来る程度だった。




ところがその日は力加減を間違った女子が一人おり、私のみぞおちに彼女の足がもろに入った。
私は息が止まり、体の血流が底なしの沼に落ちていくような錯覚の後、強(したた)かに吐いた。

昼に食べた弁当の一部が未消化のまま戻されていく。
吐いた物と一緒に自分の中の何かが無くなっていく気分がとても心地よく、体は痛いはずなのに妙に気持ち良かった。

その心地よさは私を突き動かした。
私は自分のゲロにまみれた足元の石を握り、とりあえず私のみぞおちを蹴り上げた女子の頭部に打ち下ろした。

「ゴスっ」

と鈍い音がして、彼女は悲鳴を上げてうずくまる。

「痛いよ、痛いよぉ」

と泣き言を言い出した彼女を私は蹴り飛ばして、呆然と見ている他の女子達を片っ端から石で殴り始めた。

「ヤバイよ、キレた!」

と誰かが呟いたので、私はその声の主を探して殴り、逃げようとする女子を追いかけて殴った。
たまらなく気分がいい。

こんなちっぽけな石一つで逃げ惑う彼女達が可笑しく、こんなに心地の良い気持ちになれるのにどうして今まで我慢していたのかと思うと可笑しく、私は笑いながら彼女達を追いかけて石で打ち続けた。
彼女達はまるでスローモーションの様に緩慢な動作で逃げるものだから、私は容易く捕まえてしまう。

「もっと、もっと早く逃げなよ。私より痩せてるんだから身軽でしょう?」

という声が聞こえて、それが自分の言葉だと悟るとまた可笑しくなった。
しばらくすると、辺りには彼女達の悲鳴を聞きつけた団地の人達が駆けつけていて、信じられないような顔で私達を見ていた。

その後、私の家にクラスの女子の親達が押しかけて来るが、私の体に残る様々な痣を見せつけると、すごすごと戻ってゆく。
学校が

「私の痣の診断書を見せてくれ」

と言ってきたりもしたが、私の振るった暴力は一切責められないまま、私のみぞおちを蹴り上げた女子と、首謀者と見られる女子の二名が転校という処分になった。

結局は、いじめの事実も私の暴力も無かった事にされ、卒業を迎えた。
私のみぞおちを蹴り上げた女子の頭部には、10年ほど経った今でも傷跡が残っていると噂に聞き、なんとなく後味が悪くなってしまった。
だが、私もどす黒く変色した痣の跡があちこちにあるので、おあいこかも知れないが。