ド田舎から都内に通勤可能なエリアに引っ越してきたばかり。
知り合いは居らず、都会の生活もよく分かってない状態で乳飲み子を育ててる。
今日は大雪の次の日で、アパートのすぐ近くの公園は雪遊びの親子で一杯で、

『自分もいつか子供と雪遊びしたいなぁ』

と外を眺めながら、換気扇を回しつつ料理しててた。
すると、自分のアパートの方に見たこと無い親子が近付いてきて、我が家のチャイムを押した。
ドアホンをとると、

「ちょっといいですかー?」

とのこと。
何だろうと思いつつドアを開けると、ナチュラル系?森ガール?な母親と5歳位の男の子。

「美味しそうな匂いですね~なに作ってるんですか?」

と、コミュ障な自分にヨネスケばりにフランクに話し掛けてくる。




ビックリしすぎて

「えっ、あ、う、」

となってると、

「僕見てくる~」

と、男の子が勝手に家に上がっていく。
雪遊びしてたから足元ドロドロ。
それを

「うふふー」

とさも当たり前に見てる母親。
ド田舎でも見知らぬ人とこんな距離無しじゃなかったので衝撃受けて更にフリーズする私。

って、フリーズしてる場合じゃない!と台所に行くと、ナチュラルに付いてくる母親。
結局、男の子にも母親にも台所にまで入られてしまいました。

でも、換気扇を回し、良い匂いを放っていたのは食べ終わった角煮の煮汁を煮詰めていたもので、食べれるものはない。
そして、自分はだらスレに常駐してるような汚部屋系だらで、掃除もままならない状態の台所を見られて放心。

「ママーなにこれー!」
「なんだろうねぇ。これなんですか?」

とマイペースな二人。

「角煮の煮汁を煮詰めてるだけ。困るからお引き取りを」

って、帰っていただいた。
帰るのにゴネるとか、何か食わせろ!とかじゃないので、キチとかクレクレでも無く、自分の中で処理に困ってる出来事。
隣の家の子供も

「赤ちゃん見せて」

と勝手に家に上がろうとするし、この辺りの子持ちの人たちとの距離感が分からない…