俺と嫁と子どもが外食に出かけて其々注文を決めるってところで、子どもが

「ハンバーグ食べたい。これでいい?」

とか言った所で嫁は突然、

「ダメー」

と突然否定。
『え?ダメなの?』ってなった子どもに向けてまた

「ハンバーグダメー」

俺が

「いやいやハンバーグいいじゃん」

とか助け舟出しても

「ダメー。却下」

子どもが

「じゃあ他のを…」




ってステーキ定食とかに決めて店員呼んで注文し始めた所で『え?本気にしたの?本当に食べないの?』みたいな感じで

「一品追加でハンバーグ頼んだら?」

みたいな事を言い出した。
そんなん言われても母親に

「ダメー」
「イヤー」

ってさんざん言われたのを今さら追加なんてできないし。
そもそももう決まったんだから追加なんて出来るわけがない。

嫁は昔からこういう癖がある。
とりあえず形式的に聞くけど肯定してくれるよね?とか、もう全部決まっててあとは確認の肯定だよねってところでいきなり否定する癖。
一瞬だけ否定して

「ウソウソ。いいよハンバーグね」

とかだとまだまあ面白いネタだったねで終わるかもしれないけど、メニューも決めて店員が来て注文してる状態まで我に返らないってのはちょっとやり過ぎだ。