ある日、明(彼氏)から切羽詰った声で

「緊急の用事で出かけないといけないけど事情で留守番が必要だから来て欲しい。二日ほどでいいから泊まって、大学へもウチから通って欲しい。誰か来たら、自分は明の彼女で明は用事で出かけてるって言って追い返して」

と頼まれた。
よくわからなかったけど、明の部屋には映画のDVDがたくさんあって、いくらでも観ていいと言われたので単純に喜んで引き受けた。

夕方から留守番をはじめ、DVDを2本ほど見終わった夜八時過ぎくらいにドアを叩くというか殴りつけるようなすごい音が聞こえ、

「オルァ開けろ、いるのわかってんだよ出てこいや」

と怒鳴り声がした。
どうしようかと思ったけど、明のアパートは玄関ドアの真横に小窓がついてて、明かりがついてるのがバレバレなので居留守を使うわけにもいかないし、応対しなきゃ留守番の意味がないし、何より返事しなかったらドアが破られそうな勢いだったから(玄関ドアは、民家の勝手口によくあるアルミ製のやわなドアだったので、蹴られるたびにどんどん凹んできてた)、怖かったけど

「あ、明はいません…」

と返事した。

「あぁ?女声使ってんじゃねえぞテメここ開けろや!」

とまた怒鳴られたので、ドア横の小窓をちょっとだけ開けて

「ほんとに明はいません…」

と言ったらすごい勢いで手がのびてきて、あぶなく髪をつかまれるとこだった。
外から男は激怒ってる顔でA4サイズくらいの小窓に片腕と顔を突っ込んできて、わけわからないことを叫ぶので怖くて、警察に通報するとか頭が回らず、とりあえず物陰に隠れて明に電話したら

「マジ?!じゃあすぐ裏から逃げて、今大学にいるから部室に来て」

と言われた。
でも、裏から逃げろと言われてもそこは3階。

隣に逃げようにもベランダじゃなく窓しかないのでつたって逃げることもできない。
半泣きでうろたえてたら、急になにやら外で物音がして、侵入しかけてた男がひきずり出され、野太い声で

「さっきからうるせえんじゃこのクソガキが」

と聞こえ、誰かが走っていく音が聞こえて急に静かになった。




しばらく様子を見てから外をのぞいたら、もう誰もいなかったので恐る恐る、だけど速攻で逃げ出し、明のところに向かった。
部室に行ってみたら、明と知らない女がお菓子食べながらテレビ見てた。

「私を留守番させて怖い目にあわせておいて何してるの!」

と怒ったら、事情を説明されたんだけどその事情というのが

「彼女はモトカノの由美で、DVストーカーの彼氏に追われてるから部室に匿ってる。DVストーカーは俺と由美の関係を疑ってて俺の家に行くかもと思った。俺にちゃんとした彼女がいることがわかれば疑いが晴れると思ったのと、俺本人と会うとDVストーカーが逆上するおそれがあったから(私に)俺の部屋で一人で留守番してもらった」

というもの。
DVストーカーが私に乱暴するかもとかの心配は一切しなかったらしい。

しかも、電話した時点で私が危険な目にあっているとわかっていたのに明は

「カレの手がここまで伸びてきそうで怖い」

と泣く由美を慰めるのに忙しく、私を助けに行こうとは一切してなかったこともわかった。
腹が立って

「私はいったいあんたの何なの?モトカノのほうが大事なの?」

と怒ったら、

「俺は一番困ってる奴を助けたかっただけ、お前がそんな冷たいこと言うなんて思わなかった、失望した」

的なことをものすごく軽蔑した顔で言われた。
言い返そうと思ったけど、由美が私と明のやりとりを見ながらニヤーッと笑ってるのを見て、なぜか一瞬にしてうんざりして

「もういいわ。あんたとは別れる」

と言って帰った。
帰り道、ふと思いついて明の部屋の玄関に

『明と由美は×大学の○部の部室にいます』

とメモを貼ってから帰った。

翌朝携帯を見たら、明から10件近く着信があった。
時間的に、私が帰ってから3時間くらいたったあたりから。

その後はぜんぜん音沙汰なしで、1ヶ月くらいして共通の友達から、明がなにやら大変な事故で怪我して地元に帰ったと聞いた。
由美のほうは、もともと知り合いじゃないのでどうなったか知らない。