息子夫婦(予定)との同居をお断りしたら破談になったわー。
だって

「家事はもちろん、子供ができたら最小限の産休で復帰するから育児よろしく」

だよ。
嫁(予定)は高学歴でとっても高尚なお仕事をされているんだけど、あいにく『アルバイトですか?』ってくらいの収入しかないの(実家住み)。

息子だってそんなに高収入じゃない。
二人合わせても私の年収に届かないくせに、

「高卒の(私)のしている程度の仕事なら代わりはいくらでもいる、それに比べて(嫁予定)の仕事は選ばれた特別の人にしかできない素晴らしい仕事→休むのは社会の損失」

と熱くお仕事内容を説明された。
時々

「言ってる事、わかります?」

とか言うし。
(結婚のあいさつでこんな事言える人がいるんだ)
と心底驚いたわ。



だからつい、言っちゃったのよー。

「あなた“特別特別”って言うけど、ノーベル賞とるような人以外は代わりなんていくらでもいる。それに普通の優秀な人は、その能力に見合った対価を受け取れる仕事に就くもんよ。あなた、自分をよそに売り込む勇気もなきゃ、誰かに特別な仕事奪われて自分が特別じゃないと解るのが怖くて就活しなかったんでしょ?」

って。
彼女、真っ赤になって口パクパクして泣いてたから図星だったんだと思う。

実は息子は前妻の子で、前妻は産後3か月くらいで突然死している。
原因不明だけど、たぶん不整脈が原因。

そんな事もあり、私もあまり順調なマタニティライフじゃなかったから、出産の度に夫が禿げ上がるほど心配させた。
だから、『仕事と育児を両立したい』とお願いに来れば家族で極力協力するつもりだった。

マエケンのニュースを見たから、夫が心底ほっとしている。
妊娠出産を盾にとられたら、絶対言いなりになっちゃうもん。

たぶん『特別』なお仕事は、彼女にとって誇りでありコンプレックスでもあったんだと思う。
それを指摘したのは大人げないとは思ったけど、我慢ならなかったんだよね。