ダチがアパートに住んでた時の話なんだけど。
ダチは工場勤務で昼間と夜間を交互にやってたんだよね。

昼勤務の時は深夜はまあ布団に入って寝てる訳よ。
んで、その寝てた時に隣の部屋から

「ドンドン」

って、音がするわけよ。
ダチはその音で目がさめたんでムカついて

「うるせ~ぞ静かにしろよ!」

て、壁ごしに言ってやったんだと。
そしたらその日はまあ収まったらしい。

だけど次の日の深夜2時頃、また

「ドンドン」

うるさかったんだと。
ダチはまた

「おい!いいかげんにしろよ!!!」

と壁ごしに叫んだんだと。
そしたらその日はそれでも相手は止めなくて

「ドンドン」

うるさかったんで、ダチはちょいキレたまま廊下に出て隣の部屋に向かったらしい。
となりの部屋のドアフォンを連続してまくり立てるように鳴らしてたら、そのうち隣人が出てきたらしい。

隣人は髪の長い女性で何週間も引きこもってるようなだらしない格好で髪はボサボサ、肩はフケだらけで歯が欠けてて腫れぼったい一重で生気の無い容貌してたんだと。
それを見てダチは

『やべぇこいつ気持ち悪っ』

と思ったらしいけど、一応、

「ドンドン叩くの止めてもらっていいですかねぇ?」
「ひどく迷惑してるんだよ」

なんて言ったんだと。
そしたらその隣人の女はか細い声で

「わかりました…すみません」

て言ったんだと。
でもその謝ったときの女の目は生気を取り戻し凄く反抗的だったらしい…



それから2日ほどしてシフトが変わってダチは夜番になったらしく、深夜1時過ぎにアパートに帰る毎日になったんだってさ。
んで深夜アパートに帰ってきた初日はシフトが変わった初日というのもあって、ひどく疲れてイライラしてたんだと。

そんでまた隣のほうから音がしたんだと今度は

「ドカーン!ドカーン!ドカーン!ドカーン!」

って…
連続で止める気配のないようにね…

そんで頭にきたダチは木刀もって部屋を飛び出して隣の部屋へ向かったんだと。
ピンポン何回かせかすように鳴らしたけど中々出てこなかったらしくて、部屋のノブをガチャガチャしたら鍵が開いてるようで…
テンパってたダチは部屋の中に押し込んでいったんだと…

そしたらその女、白装束になって頭にハチマキしてロウソク立てて、ダチの部屋の方の壁に向かって

「ドカ~ン!!!ドカ~ン!!!ドカ~ン!!!ドカ~ン!!!ドカーン!!!」

て怒ったように叫んでたんだとさ。
んでダチは

『こらあかん』

と思って警察に電話したらしい…
ダチは幸いにも不法侵入とか夜中にうるさいとかで、とがめられることはなかったらしい…

その女は後日精神科にいき入院になったそうだ…
ダチはもしその女が帰ってきたら引っ越すって言ってたよw