会社の先輩Aさんに聞いた話。
Aさんが帰宅するため、夜の九時頃電車に乗り、座れる場所がないかとキョロキョロあたりを見渡すと、隅の方に空いてる席をを発見した。

その隣には、鈴木京香似の美人が文庫本を読みながら座っていた。
Aさんは彼女の隣に腰を下ろしながら、

『おお、美人だ!美人はどんな本読んでんだろ?』

と思いつつ、彼女の手元をチラリと見た。
彼女のマニキュアがほどこされたスラリと長い親指の上に、黒の太いマジックで『サブリミナル』と書かれてあった。
左手の親指の上にも同じく『サブリミナル』と書かれてあった。




Aさんは、

『…変な人だな』

っと、思わず彼女の顔を見てしまった。
彼女は、顎はずれるんじゃないかと思うほど大口を空けて、Aさんをみつめていたそうだ。
と、急に唇をタコのように突き出し、声になっていない声で

「ぶ」

と言った。
今度は唇を大きく横に開いて、

「り」

また唇を突きだし、

「み」

そのひとつひとつが異常にオーバーアクションだったそうだ。
Aさんは脅えつつも、その後『な』と『る』がくるのかと待っていたが、彼女は「み」まで言うと、何事もなかったようにまた文庫本を読み始めた。