5年位前の話。
上京して一人暮らしを始めた2年目のこと。

当時はワンルームの社員寮(会社が借り上げたマンション)に住んでて、夜勤週の休みの日だったから夜中に電気付けずにローゼンメイデン(アニメ)観てたのよ。

夜中2時くらいだったと思うけど、ふとドアの方をみると、そこから見たこと無い男の顔が半分覗いてた。
目があって3秒くらいフリーズしてたら、

「バタンッ!」

と思いっきりドア閉められた。



いやいや…ってな感じで、引きつった笑い顔でのぞき穴からドアの外を見たら、黒いジャケットを着た男がうなだれてるような感じで立ってる。

すると、突然こっちを振り向いてニタニタと笑い、猛ダッシュでどっかに走っていた。
同じマンションで見たこと無い奴だったけど、誰だったのか…。
東京って怖いところだ…って初めて思った瞬間でした。

ちなみに、うちの実家は近所がみんな親戚みたいなド田舎で、玄関に鍵をかける習慣が無い。
そのときも玄関に鍵をかけてなかった。