平日のとある日、父が出勤した後に、母から

「今日学校休みなさい」

と言われて、よくわからないままに休んだ。
10時ごろ、電話番号が数件書かれた紙を渡された。
そこに電話をかけて

「母は病気で入院したので、支払いを待って欲しい」

と言えとのことだった。
当時は何が何やら分からず、言われたままに伝えた。



電話口で

「担当と代わります」

と言われ、代わった人に

「どこの病院だ」
「いつ退院するんだ」
「嘘をつくな」

等々怒鳴られた。
今まで怒鳴られたことがなく、まして聞いたこともない怖い口調(広島弁?岡山弁?)だったため、通話が終る度に号泣。
それからしばらく、家電に母宛ての電話がかかってくる→怒鳴られる→泣くのループ。

1か月ぐらいでかかって来なくなったので、多分母が何とかしたんだろうと思う。
あの1か月が、今までで最大の修羅場だった。