元旦那は義実家を巻き込んだ旅行が大好きで、そのプランや予約は決して自分からはやり始めない。
『やり始めない』と言うのは、まず最初に私に丸投げして後から全て元旦那案になるということ。

家を出る時間から帰宅時間に至るまで、私に計画をたてさせて何度も何度もやり直しをさせられ、それを1週間繰り返して、次こそは大丈夫かなと思った矢先でぽっと出の元旦那案で決まる。
たまに元コトメ案。

2年間その繰り返し。
最終的に元旦那案になるなら何故最初に私に丸投げするのだろう。

ちなみにその旅行に私は参加できない。
周りからは散々離婚を勧められていたにも関わらず、究極のデモデモダッテ状態に陥っていて2年も奴隷状態。




目が覚めたきっかけは、結婚記念日の旅行にプリンと元旦那が行ったこと。
めずらしく元旦那が二人きりの旅行に行こうと言ったんだよね。
結婚記念日だし俺が全部金を出すからと。
馬鹿な私は手を打って喜んだ。

でも当日の朝、家を出る前にコンビニに飲み物を買いに行くからと出ていったまま帰ってこなかった。
そのままプリンと旅行に行きやがった。
悲しくて虚しくて涙すら出ない。

ここでようやく目が覚めた私は、元旦那が旅行に行っているあいだに荷物を運び出して実家に逃げた。
元旦那にはメールで離婚の意思を伝えた。
慰謝料を用意しろやとかなり乱暴な文体だったと思う。

元旦那から返信はない。
勢いで家を出てきたので、元旦那が有責となる証拠を一切掴んでないことに気がつき、母を連れてとんぼ返り。

出るわ出るわ元旦那の部屋から証拠がたっくさん。
不倫相手と使ったと思われる避妊具、髪の毛や衣服。

私をいかにして奴隷させるかを相談したブログ。
元旦那のパソコンのデスクトップから飛べた。

元旦那は余裕な表情で旅行から帰宅。
大金を払って私を捨てました。
元旦那が「捨てた」を強調するんですよ。
面白い。

それからは私は再婚もせずにいるけど、元旦那は旅行のときのプリンと再婚。
わざわざ子供が生まれた~七五三~と報告してくる。

その子供、どこからどう見てもハーフなんですけど。
元旦那は託卵だとわかっていて養ってるのかw

プリンちゃんのATMと言う名の奴隷なんですね。
プリンちゃん、やばいところの娘さんらしい(確定ではない)。