中学のときの話。
当時俺は運営委員とかいう謎の役職についてて(役割は級長みたいなもん)、その関係で他のクラスの委員と話し合いをしなくちゃいけなかった。
月1回くらいだったと思うんだけどよく覚えてない。

んで、ある日その話し合いの場に行ったらさ、他のクラスの委員が休みで、代役が来てたのよ。
休むときは代役を立てる決まりだったから。

そいつ妙に馴れ馴れしく俺に話しかけてきて、俺は変な奴だとは思ったけど結構仲良くなったのさ。
一緒に遊ぶようになったり。
でも、暫くしてそいつが異常だって気付いたんだ。

虚言癖で、親が外人だと言い張ったり(実際顔とか日本人ばればれなんだけど)するし、突然ブチキレて叫びだしたり。
きもかったから、ちょっと避ける感じに付き合ってた。




そんなある日、そいつがタオルに何かをくるんで持って来たんだ。
見るとタオルから血がしみでててさ。
俺は何か恐くて黙って見てたんだけど、そいつがタオルを開いた瞬間、頭が真っ白になった。

中から出てきたの、犬の頭だったんだ。
首切断されてて、まじでグロかった。

俺は状況が飲み込めなくて固まってた。
そしたらそいつ、ニタニタ笑いながら素手で犬のベロを引っ張り出したんだよ。
マジ恐くなって走って逃げた。

その後、二人で遊んだりするのは『受験あるから』とかって勉強のせいにして避けた。
不思議なのは、学校にいるときはそいつスゲーまともっていうか、むしろ良いやつなくらいだったこと。

今何をしてるんだろ…。
人殺したりしてないことを祈るわ。