フリーターの頃の話です。
当時、住んでいた安いボロアパートのお隣に、20代前半くらいの女性と3歳くらいの男の子が引っ越してきた。
特に引越しの挨拶などは無かったが、外に出るタイミングが同じ時があって、あっちの方から声を掛けてきた。

「隣に引っ越してきたAです。この子はスグルと言います。ちょっと騒がしくしてご迷惑をお掛けするかもしれません」

ちょっとポッチャリですごいミニスカにヒール履いた、いかにも水商売やってますって感じの母親だったけど、話した感じがまともそうで、安心して俺も

「いえいえ、そういうの気にしないので大丈夫ですよ。スグル君宜しくね」

と声を掛けた。
スグル君は物凄い人懐っこくて、俺が外に出ると足にしがみついて来たり抱っこを強請ったり、俺の家に来る彼女や友達にも懐いていた。
スグル君の母親によると、俺がバイトに行ってる時も、部屋の前で

「お兄ちゃんまだかな」

とソワソワしていたらしい。
まあ、可愛いなと思ってたはいたが、実は一つ悩みがあった。



スグル君の母親は週に何回か仕事に出かけていて、そういう時は、おばあちゃん?が家に来ていた。
何度か会ったことがあるが、これまた水商売やってますって感じのケバい50くらいのおばさん。

このおばさんがスグル君を怒る声。
これがマジで煩かった。
まるで叫び声のようなヒステリックな感じで怒る。

おまけに、おばさんの声がキンキンとしたような特徴的な声だった為、余計うるさくイライラさせた。
壁が薄いから丸聞こえで、

「スグル!何やってんだ!」

と。
それに対しスグル君も泣き叫ぶ為、とにかく煩かった。
たまにバシッと叩く音も聞こえビクッとした事もあった。
その言葉がインパクトがあり過ぎたのが、その当時飼っていたインコが『スグル!』を覚えてしまった程。

そんなある日、バイト先の本屋に母親がやってきた。

「(俺)さんのお宅にインコいません?」
「ああ、はい飼ってますよ」
「この間、スグルが鳥の鳴き声が聞こえるって言ってて」
「あ、煩かったですか?」
「いえ、鳥がスグルって呼んでいると言っていたので気になって」
「ああ…」
「声、そんなに聞こえるんですね」
「え?」
「はっきりとは聞き取れないけど、スグル!何とかかんとか!って言ってるって、すごく気になってるみたいで」
「あ、すいません!壁際に鳥籠が置いてあるから覚えちゃったみたいで…」
「そうですか…」

そんなやり取りがあった数日後。
昼間、部屋でゲームをしているとアパートのドアが叩かれた。
出てみると、スグル君親子だった。

「実は引っ越すことになりました。スグルがお兄ちゃんに最後に会いたいと言うので。色々ご迷惑お掛けしました」
「え、急ですね」
「実は…スグルを見てくれてた母が現金をや通帳盗んで、スグルにも…。なのでもし母親がこのアパートに来ても知らないふりしてくれませんか?」
「わかりました…」

それから何日か経った夕方頃、友達と2人で部屋で話をしていると外から、

「ドンドンドンドンドンドン」

と玄関のドアを叩く音がした。

「おら!いねえのか!出てこいよ!」

どうやら、おばさんが隣の部屋のドアを叩いて叫んでるらしい。
2人で

「こええええ」

と小声になりながらビクビクしていた。
しばらくおばさんは騒いだ後、カンカンカンと階段を降りて帰って行ったようだった。
友達と

「警察呼んだ方が良かったかな」

「いや、もう来ないだろ」

と話してる時にインコが突然

「スグル!コロスヨ!スグル!コロスヨ!スグル!コロスヨ!」

そんな言葉を今まで聞いたことが無かったので、かなりゾッした。
俺が知らない間に、あのおばさんはこんな事を言ってたのかと。

もう何年も前の話だけど、ニュースで子供が殺された話を聞くとこの事を思い出します。