僕は某宅配会社で働いてる。
その日も普通に仕事をこなしていました。

マンションに荷物を届けることになったんです、12階に。
別に珍しくともなんともない話ですよ。
山口さんというお宅でした。

その日は彼女と約束があって、早く帰宅したかったんですよ。
なので階段を使って走って12階まで行ったんです。

軽い荷物だったのでそこまで疲れることもなく、無事に山口さんにお届けすることができました。
帰り道、何気なく山口さん家の隣の家を見ました。
玄関ですけどね。
張り紙があったんです。

『年老いて足腰が悪くなり、ゴミを捨てに行くことができません。どなたか代わりに手伝ってくださいませんか?』

彼女との約束のために早く行きたかったけど、困ってる人をほっとけないというか…。
僕はチャイムを鳴らしてしまいました。

「この際ゴミを捨てる日は…とかいうのはおいといてくださいねw」

すると、70歳ぐらいのおじいさんがね、出てきたんです。
僕は言いました。

僕:「あの、張り紙を見て…」

すると、

「おぉっ、ありがとな。ちょっと用意するからこれでも食べて待っててな。」

とても優しい口調で、そう言われお菓子をいくつか渡されました。



5分ほど待ったでしょうか。
おじいさんに小さめのダンボールを渡されました。
ガムテープできちんと閉じてあってゴミとしては少し不自然な気もしたんですよ。

僕:「お預かりしました。では、捨てておきます。」

おじいさん:「えぇ、ありがとう。わざわざすまんね。よろしくね。」

僕:「では。」

中身が重かったのでエレベーターを使うことにしました。
まぁ溜まってたんだろうな。
本当に足腰が悪そうだったし。
とてもいい人そうだった。

だけどやけに寂しそうだったな。
そして僕が来たとき、ガッカリしてた気がします。

『あぁ、もうすぐ6階だ。』

「ダンッ!!」

びっくりしました。
エレベーターの階表示が6を指した途端にダンボールが天井にもの凄い大きな音をたててぶつかるんです。
急にダンボールが飛びあがったので少し笑ってしまいましたよ。
だってありえないですもんね。

僕はすぐさま中身を確認しました。
するとね、鉄アレイにピアノ線がぐるぐると巻きつけられてるんですよ。

びっくりですよね。
えぇ、すぐに12階まで戻りましたよ。
おじいさんの部屋まで。

部屋に着いたら僕はこれまで以上にビックリしました。

そして少し笑ってしまったことを後悔しました。
今日は彼女との約束はなしだな、とかこのお菓子どうしよう、とかなんだか冷静でした。

すぐに警察に連絡して。
警察が来るのを待ちました。

おじいさん、自殺されてたんですよ…。