25歳くらいで一人暮らしの頃、夜中に彼氏とのんびりテレビを見てたら

「コンコン」

とノックの音が…。
呼び鈴あるのに『?』と思ってたら、その直後に

「ピポピポピポーーーーンン!!!」

続いて、ガンガンドアを激しく殴ったり蹴ったりする音とガチャガチャドアノブを乱暴に回す音が交互に聞こえてきた。
怖くてしばらく動けなかったんだけど、なかなか鳴り止まないのでドアののぞき穴から見ると全く知らない人で、随分年下の男の人のようだった。




チェーンを掛けて恐々ドアを開けて見てみると、( ゚д゚)ポカーン(まさにこんな感じw)とした顔の男性。
相当酔っ払ってるらしくて、首筋まで真っ赤になってました。
恐る恐る

「あの…部屋をお間違えじゃないでしょうか…?」

と言ってみると、どうやらこちらの言う事は理解できたらしくて、フラフラしながら階段を降りて行った。

その後は何事も無く2人で気が抜けたように爆睡してしまい、翌朝

「ピンポーン」

の音で目が覚めた。
また昨夜の男か?と彼氏がチェーンを掛けて出て見ると、女性が出たらしく

「あの…?このコンタクト落としませんでしたか?」

と彼氏に尋ねる声がして、私が出てみるとすぐ下の部屋に住んでる人だった。
彼が落としたのではないと伝えてから話を聞くと、昨夜の男はどうやら下の部屋でも同じ事してたらしく女性は一人っきりで部屋の電気を消して、震えながらドアを蹴る音が止むまで我慢してたらしい。