俺の妹は、少し変だった。
笑っている人が嫌いだった。

人が笑うと泣き、怒ると泣き、それ以外では絶対に泣かなかった。
テレビも見ないし、友達も居なかった。
ただただ表情を殺していた。

妹が小学五年生の時、何で笑っているのが嫌いか聞いてみた。
そしたら、

「皆が笑ってるから」

とか言って来た。
何か不安になり、もともと何度か行っているが、精神病院に連れて行った。




そしたら、先生にとんでもない事を言われた。

「妹さんは、笑うという行為を、怒るという行為と混同しています。」
「だから人が笑うと、自分が怒られていると錯覚しているようです。」

と何か、先生にも、妹にも、どんな顔すればいいのか解らなかった。
その後妹に、笑うとは、嬉しい事だよーと再教育した(嬉しいは解るらしい)。

あれから数年。
妹にも友達はでき、顔には笑顔が満ている。
よかったよかった。

でも何でそんな勘違いしたんだろうか。
と、妹に聞いてみた。
そしたら、

「幼稚園の先生が、失敗をする度に狂ったみたいに笑ったから」

って…
うん、俺が幼稚園児で、失敗した時、先生がそんなだったらトラウマになるね…