今日、姉と姪っ子2人と四人で出掛けていた時、コンビニで横に止まっていた車の知らないおばさんに待ち伏せされて、

「車に何かが触れた様な気がする、多分バックかなにか」

と言われ、

「新車だから直してほしい」

と言う。
私達は、触れた感覚もなく、普段から横の車に当たらないように気をつけて乗り降りしているし、車間幅も人2人分以上あるし、傷は私が乗り降りした側でバックをさげていた姉は、反対方向に乗り降りしていたので、まったく話が噛み合わず・・・

おばさんは、

「今は、雨だから家に帰って明るいところで確認してから、傷があったら直してほしいから」

と言い出した。

「それなら今、傷を確認しましょう!どこですか?傷は?」

と私が言うと、

「ここだと思うと」

おばさんが傷部分をゴシゴシしてから指を指した。
傷を確認しても、私達の目には見えず、傷は無し。
本当に見えなくて困りました。

傷も無いのに直してほしいから、連絡先と言い続けるし、こちらは、

『傷も無いのになんで連絡先言わなきゃいけないの!?』

って思うし、困りました。
そして、おばさんは、

「もういいです。」

と言いながら、車に戻りまた戻ってきてを、三回も繰り返し、

「やっぱり連絡先を教えてくれ」

と三回も言われた。
違う意味で怖かったので、教えませんでした。
多分、頭がおかしいようだった。
私達の気分は最悪でした。