一昨日と昨日、用があって都内のホテルに泊まっていました。
一昨日の深夜二時頃、隣の部屋からシャワーの音が聞こえてきました。
それぞれ色々と都合があるだろうし、さして気にもせず、音が聞こえる中、その日は眠りにつきました。

そして昨日、都内での用事を全て済ませ、ホテルに戻りました。
確か九時頃だったと思います。
部屋で夕食を摂っていると、また隣の部屋からシャワーの音が聞こえてきました。

それがいくら経っても鳴り止まないのです。
まず三十分くらいで

『少し長いかな?』

と思いました。
しかしそれは序の口で、一時間経っても鳴り止みませんでした。
一時間半経っても鳴り止まず、二時間が経とうかという頃にようやく鳴り止みました。
もう日付が変わっていました。

前の日に部屋を変えてもらわなかった事を少し後悔しましたが、次の日(今日)は早く帰らなければいけなかったので、もう気にしても仕方ないと思い、少し苛立ちを感じながら眠りました。




今日、シャワーの音で目が覚めました。
また隣の部屋です。
その時隣にいる人は絶対におかしいと確信しました。

昨日二時間近くもシャワーを浴びたのに、次の日の早朝四時半にまたシャワーを浴びているのです。
少しぞっとしました。

部屋に忘れ物がないかどうかの確認が終わった私は、五時頃部屋を出ました。
部屋のドアを閉めたその直後、隣の人の部屋のドアが開きました。

髪をビショビショに濡らし、背は普通でガッシリした体格の中年の女が立っていました。
そして目を思い切り見開き、何故か私のことを睨んでいるのです。

この時点で泣きそうなほど怖かったのですが、その女がいつまでもそこに立っているため、廊下を通るに通れず、泣きそうな声で、

「すみません・・・・・・」

と言ったら、オーバーな手のアクションとやたらハッキリした声で

「どうぞ!!!」

と言われました。
塗れた髪の毛と、見開かれた目と相俟って、ホラー以外の何物でもありませんでした。

そしてエレベーターを待っている間も、そこに立ち続け私の方をずっと見ているんです。
エレベーターが一階から六階へ上がって来る時間が物凄く長く感じられました。

エレベーターのドアが開いた時です。女が駆け寄ってきます。

『あの女と二人で乗ったら絶対にいけない!』

と思いました。
防衛本能が働いた、とでも言いましょうか、私は階段を全速力で駆け下りていました。

女が後から追ってくる様子はありませんでしたが、フロントについた時には、私は恐怖のあまり涙を流していました。
フロントの方に不審に思われたかもしれません。

会計を済ませ、領収書を財布に納めた時、一階のエレベーターが開きました。
女が出てきました。
怒ったような足取りで、フロントにキーも預けずに私を睨んでホテルの外へ出て行きました。
私もフロントの方も、何も言えなくなりました。

本当に怖かったですが、何も危害が加えられなかったことだけは良かったです。
トラウマになってしまい、今後ホテルに泊まりたくありません。