人に話すと、笑ってしまう人も多いんですが。
姉の友人の体験らしいんですが、自分はすげー気味悪かったので。
姉の友人のMさん(男)が大学に入学し、上京して独り暮らしを始めたときの話です。

引越しもうまくいき、大学生活も慣れてきたある日のこと、Mさんがバイトを終え家に着くと、電話が鳴ったらしいんです。

Mさん「はい、もしもし?」
電話の相手「・・・・・・」

Mさん『なんだよ、、無言電話かよ』
Mさんはウンザリして、受話器を置きました。
が、何度受話器を置いても、しつこく電話がかかってくるそうです。

次の日からも毎日、家に着くと必ず無言電話がかかって来るようになったとか。
流行のストーカーか?なんて考えたらしいですが、心当たりもないし、人違いの可能性もある。
警察に相談するのもなんだし・・・。
そしてある日、Mさんは相手が誰なのか確かめようと思ったそうです。




トゥルルルル!
ガチャ!

Mさん「はい、もしもし?」
電話の相手「・・・・・・」
Mさん「またあんたか。なぁ人違いじゃないのか?」
電話の相手「・・・・・・」
Mさん「俺はMって者だけど」
電話の相手「・・・・・・」
Mさん「なんとかいったらどうなんだよ!!」
電話の相手「・・・フゴッ!」
Mさん「!!!!」

Mさんは仰天したらしいです。
相手が突然ブタッ鼻を鳴らしたんです。
人が豚の鳴き声を真似するときにやる、アレです。

それから、今まで何にもしゃべらなかった相手が、突然ブタッ鼻を鳴らし始めました。
どうやら喋る事は絶対しないようなので、Mさんは一つ提案をしました。

Mさん「よし、じゃあ俺がこれから質問をしていくから、それに対してYESなら一回。NOなら二回鳴け。いいな?」
電話の相手「・・・フゴッ!(YES)」
Mさん「お前は男か?」
電話の相手「・・・フゴッ!フゴッ!(NO)」
Mさん「女か・・・。まだ若いのか?」
豚女「・・・フゴッ!(YES)」
Mさん「いままでずっと電話をかけてきたのはお前だな?」
豚女「・・・フゴッ!(YES)」

こんなふうにしてMさんは、この豚女の正体を暴く為、少しずつ情報を聞き出していきました。

Mさん「・・・ふう・・・じゃこれで最後の質問だ。いいな?」
豚女「・・・フゴッ!(YES)」
Mさん「おまえさあ・・・なんか俺に恨みでもあんの??」
豚女「フゴォォォォォォォォォォォッッッッツ!!!!!!」

ガチャン・・・・・・

はっきりと、一回だったそうです。