ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖いお客様, 怖い子供, 怖い家族, 怖い母, 怖い父

食堂をやってるんですが、、、

飲食店のお客様にまつわる怖い話

飲食店のお客様

食堂をやってるんですが、以前はテーブルごとに調味料とおろしニンニクを置いてました。
しかし数日おきに来られるご家族のせいで、必要な商品を注文された方にお出しするように変えました。

そのご家族は父親、母親、小学校低学年くらいの少年のご一家で、注文内容はいつもライス小3つのみでした。
そしてライスが来るとテーブルの上の調味料をたっぷりかけてニンニクを載せて召し上がって帰る、というパターン。

ニンニク自体ちょっと小学生が大量に食べるのは健康上問題があるし、そもそもライスを頼んで調味料で味付けして食べられたのでは他のお客様が不愉快(実際クレームもありました)ですので前述の方式に変えました。




チェーン店でもなしいきなり変えても問題無いだろうと思っていたら、ある日厨房まで響くような大騒ぎが店に顔を出したら前述のご一家の母親が、店員相手に大発狂。

要は客の要望だから直ちに調味料+ニンニクを持ってこい、当てにしてたメニューじゃないんだからわびとして他の料理もタダで出せ云々。

こちらもさすがに耐えかねて、極丁寧にライス小はそういうメニューじゃないこと等を伝えたのですが怒り狂って叫びまくる。
お客様の何方かが、子供におろしニンニク山盛りとかお腹壊すだろと言ったら母親更にヒートアップ。

「うちの子が下痢気味なのはこの店のせいか!」

と叫び出し、その後は飲食店で言ってはいけないような単語を大声で連呼。
この辺りで妻が呼んでくれた警官が来たのですが、それを見て更に大興奮。

コイツ(私)を逮捕しろとかこの店はバイ菌だらけとか叫び続け、警察に連行。
更にお子さんも騒ぎに乗じて他のお客様の料理を盗み食いしてたので警官が注意しつつ連れて行きました。

父親はその間黙々とライス小を食べ続け、警察から同行を求められても無視。
食べ終わった後警官に同行を促されたら店員に、

「ネットで言いふらしてこの店潰してやるからな」

と捨て台詞。
これで同行が任意から強制になったそうです。
余罪とか前科があったらしく、遠いところに去ったと聞いたので厄落とし。

このご家庭が特に貧乏だったとかではなく、母親は昼間にお友達と来られた時はランチメニューなど普通の品を注文してました。
幸い店の方は地元で変な噂とかが流れたとかもなく普通に営業を続けています。


コメントを残す