学生時代。
アジアの某国を旅行中の話。
ビザの必要ない範囲でのんびり気ままに旅をして、最後に滞在した宿での出来事。

その宿には小学校低学年?くらいの小さな女の子がいたんだけど、いきなり初対面の俺の手をつかんでどこかへ連れて行こうとする。
着いた先は駄菓子屋のような商店。

女の子はアイスを手に取り、支払いは俺。。。
店主の苦笑いを見るに常習犯のようだった。

「なんてクソガキだ!」

と思ったが、女の子の方は俺を気に入ったらしく、部屋に遊びに来るようになった。
天気が悪かったせいで、2泊3日の内、無理に散策に出た数時間以外の大半を子守りをして過ごすはめになった。

第一印象は最悪だったが、あれ以来悪さはしないし、一緒にいるうちに情も湧いてきてそれなりに楽しい時間だった。




チェックアウトの日、女の子が手紙をくれた。
幼い子供が書いた異国の文字。
何て書いてあるのかサッパリわからない。
だけどとにかく嬉しくて、彼女の目線までしゃがみ感謝の意を示すと、抱きつかれキスをされた。

帰国後、手紙の内容が気になった俺は知り合いのつてで、留学生に翻訳してもらい、その内容に絶句した。

『とても楽しかった。好きになったから殺せなかった。一緒に死にたかった。さようなら。』

「子供が書いたつたない文字と文章だから真意は不明だし、自分の翻訳も自信がない…」

と、留学生はフォローしてくれたが、彼の表情を見るに恐らく内容に間違いはなかったと思う。

わずかな時間だったけど一緒に過ごした感じでは、少しおませな、いたって普通の女の子に見えたが、まさか自殺を考えるほど不遇な生活をしていたのだろうか?
それとも不治の病??

それからしばらくは、様々な妄想や不安、恐怖が入り混じったモヤモヤした日々が続いた。
最悪、彼女の実態と生存確認をしに行こうとも考えたが、怖くて出来なかった。

あれから数年、未だにふとした時に彼女のことを思い出します。
元気に成長してくれていたら良いのだけど。