例の爺さんが亡くなり、その後お骨をめぐるトラブルがあったと聞き、好奇心を抑えられず、婆さん本人にいろいろ聞いちゃいました。

まず二人が出会ったのは、15歳と35歳の時。
年は離れていたが二人は愛し合い、卒業後に結婚しようとしたが、爺さんの先妻(死別)の親族が、婆さんの実家に押しかけて怒鳴り散らして反対し、もともと外聞を気にしていた婆さん親も反対し始め、破談に。

しかし、どうしても許せなかったのか、先妻の妹がしつこく婆さんをつけ回し、職場に押しかけてみたり、さまざまな嫌がらせをし続けた。
もともと結婚を諦め切れなかった二人は、遠い他県に引っ越したが、何ヶ月かすると妹があらわれて嫌な噂を流され、住み辛くなって引越さざるをえなくなった。




あまりの妨害に何度か別れもしたが、爺さんがもともと病弱だったのに心労で体を壊してしまい、早くに病気になってしまったため、この街に引越し、腹をくくって自分(婆さん)が、近所からの冷たい目や妹の妨害など全て引き受けるつもりで身を落ち着け、介護生活に入ったそうだ。
50代なのにどう見てもおばさんでなく婆さんにしか見えないのは、苦労を積み重ねたせいらしい。

おれに「あの婆さんはストーカーで基地外で怖ろしい女」って吹き込んだ裏のばーさん、なんとそいつが爺さんの先妻の妹だったんだよ。
ただただ姉の元夫の再婚が許せないがために、何十年も二人をつけまわし、結婚もせず、ひたすら監視と嫌がらせの毎日を送り、そして爺さんが死ぬと、二人の家に上がりこんで骨壷を奪おうとするという恐るべきストーカー…

おれよくそのばーさんからやけに親切にされて、野菜や煮物もらったりしてたのに…
好きな人の若い頃に似ていると言われたこともあったが、婆さんにも同じ事言われてまじで震え上がった。

つまり、爺さんに似てるんだろ?おれ。
すぐにでも引っ越したい;;怖すぎる。