不安の種って漫画見てて、自分の子供時代のそっくりな体験思い出した。
というのも、『遊ぼおじさん』の話。

公園で遊んでいると、遊ぼおじさんはしょっちゅう現れた。
足をびっこひきながら近づいてくるその様子と、

「あ~ぞ~ぼ~」

と言う低音ボイス、常によだれを垂れている口元が、子供心に恐怖を覚えた。
というのも、重度の知的&身体障害者だった。
みんなは怖がったが、自分は興味本位で一緒に遊んでしまった。

数日後、小学校のグラウンドで体育の授業をしていると、どこで嗅ぎ付けたのかおじさんがやってきた。
学校でも有名だったからか、そのときはみんなパニックになった。
泣く子、逃げ出す子。
その様子はまさに阿鼻叫喚だった。

そのときは先生が丸くおさめて帰らせたからことなきを得たが、何も知らない俺は何が怖いの?って感じだった。
そのことを母親に話した。

「今度あったら一応挨拶しておく」

と言った。
それからしばらく、遊ぼおじさんは見かけなくなった。



あるとき、一人で留守番をしながらスーファミしてた。
おじさんが家の前を歩いているのを窓から見てしまった。
目が合い、自宅を気付かれてしまったようだ。

俺の家は一階建ての平屋。
なんとなくヤバイ感じがして、俺は全部の窓とドアの鍵を閉めに行った。
すると遊ぼおじさんは、本当に身体障害者かよというぐらいの速さで全速力で走ってきた。

「あぞぼ!!あぞぼ!!」
「ドンドン!」

とドアを無茶苦茶に叩き始めた。

しばらくしたらおさまった。
ヤレヤレだぜと思い、ゲームを再開した。
目の前の窓に遊ぼおじさんが張り付いていた。
俺は、星のカービィスーパーデラックスのデータが消えていたことに泣いた。

まあ、そのおじさん、それ以降諦めたのか、なにも危害加えて来なかったしな。
今思えば、子供の頃から人に避けられ続けた結果、そういう行動に出てたんだと思う。
ある意味、可哀想な人。