私が体験した本当のお話です。
もう3年以上経ちますが、ある専門学校に通っていた私は、昼は学校、夜はアルバイトという生活を送っていました。
お金が足りなくて、たまに親にねだって送金してもらい、なんとか毎日を過ごせていました。

夏期講習のスケジュールを書き写していた時、友達が旅行へ行かないかと誘ってきました。
夏期講習を調整し、バイト先にも許可をもらい、女ばかりの友達同士4人で、海へ2泊3日の旅行をすることになりました。

変な話ですが、旅行の資金を確保するため、私はほとんど毎日、食パンにジャムという食生活でした。
もちろん、動物性たんぱく質に少しばかり憧れましたが、旅行へ行くためずっと我慢していました。

旅行の2~3日前から胃の調子が悪く、胃液が込み上げました。
その時、口の中に生臭い臭気が漂って、気持ち悪くて薬局で胃腸薬を買い、その日はアパートで休んでいました。

ですが、次の日もやはり生臭いものが胃から湧き上がってくる感じでした。
でも、なんとか出発の日には治まって、楽しみにしていた旅行へ行くことができました。

私と3人の女子友達。
一人だけ私とは面識の無い、Sという子がいました。
結構おしゃれな子で、喋ると面白く、明るい感じの子でした。

旅館に到着し、チェックインを済ませ、さっそく海へ泳ぎに行きました。
男の子から声をかけられたりして、少しスリリングで時間の経つのも忘れて浜にいました。
夕暮れに旅館へ戻り、露天風呂に入って部屋に帰ると、いよいよ食事の時間です。




その時の席の配置は、四角いテーブルに私、私の横と向かい側に友達。
そして斜め前にSでした。

すっかりお腹も空いて、目の前には海の幸。
私たちは喜んで

「いっただきま~す♪」

と、飛びつきました。

すると、いきなりでした。
斜め前のSがお刺身を鷲掴みにして、自分の口へ押し込んだんです。

「ちょっと、ちょっとあんた!」

友達の一人が驚いてSを止めましたが、彼女は目をカッと見開き、まるで犬が餌を食べるように歯を剥き出しにして、目の前のお刺身を食べるんです。
そこらじゅうに食べ物が散らばって、あまりの出来事に私たちは言葉を失い、呆然としていました。
もう一人の友達は、怖くて涙を浮かべていました。

彼女の体を無理やりテーブルから引き離し、座布団を並べて彼女を座らせ、寝かせようとしました。
最初は力んで体を硬直させていたけれど、座布団に座らせた途端、力が抜けたようにだらんとなり、口を半開きにして上目遣いで私たちをボーっと眺めていました。

もう、食事どころではありません。
私たちは、てんかんのような何かの発作の一種か、もともと彼女に精神的な病気があったのかと色々思案していましたが、結局は交代で彼女を看ることにしました。
ようやく気を取り戻したのか、彼女は泣きながら、

「私、変なことしたでしょ?」

と私たちに謝りました。
彼女はそれを覚えていないようなので、一部始終を話すと、

「明日、私だけ先に帰るね・・・」

と一言呟きました。
私たちもその方が良いと思いました。

本当に怖かったのは、その夜です。
寝床についた私たちは気を取り直し、冗談も言えるようになって和気藹々と夜遅くまで語り合いました。
Sが先に眠り、続いてもう一人が眠り、私と最後までお喋りしていた子ももう寝ようかと切り出し、

「本当に今日は大変だったね」

と私が言うと、彼女は・・・

「あんたは大丈夫?」

と言うんです。

「何が?」

と問いかけると、

「あんたもやりかけたんだよ」

と。
私がSと同じようなことをやろうとしていたと、彼女は語りました。

もちろん私には、そんな記憶はありません。
半信半疑で、とても気持ち悪くて、眠気が消し飛んでしまいました。

そして真夜中、みんな寝静まったと思っていたら、

「クックックッ・・・」

という笑い声が耳元で聞こえてきました。
笑い声の方へ寝返りをうつと、横で寝ていたSが私の方を凝視し、それでも口元は笑っていて・・・
私はとっさに、

『まともに相手をしてしまったらいけない』

と判断しました。
そして、まるで冗談を言い合っていた延長のような感じで、

「なっによぉ~、も~」

と、ゆっくり寝返りをうって、お布団を被っていました。
体が強張って、朝まで震えていたと思います。

翌朝、早くにSは帰りました。
私はSと目を合わすことも出来ず、見送りもしませんでした。

もう、この時の友達とは会っていませんが、今でも思い出すのは、旅行前に胃の調子が悪かったこと。
生臭いものが込み上げていたのは、あれは何だったんだろう・・・と。