ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖い隣人/ご近所

ベランダに置かれていた赤い柄のハサミ

同じ団地の隣人にまつわる恐怖体験

かなり前に団地に住んでいた時、ベランダにハサミが置かれていた事があった。
もちろん俺のではない。

市販で売っているような、柄が赤い色をした小さいハサミ。
俺の家は一階だったから、子供がイタズラしているのかな、ぐらいにしか考えなかった。
しかし、それが10日ほど続いた。




その日もハサミが置かれてあるのが部屋から見えた。
ちょうど見ていたテレビが後もう少しで終わりそうだったので、その番組が終わってから、いつものように捨てようと思った。

やがて番組が終わり、ベランダを見るとハサミが無い。
時間にして5分ほど。

ベランダの戸は開けて網戸にしておいたので、テレビを見ているとはいえ、誰か来ればすぐに分かる。

『あれ?』

と思い、ベランダに出てみた。
すると、隣との境界になっている薄い壁を、向こうから思いっきり叩く音がした。

ビックリして思わず仰け反ると、上から赤い柄のハサミが7~8個、一気に降ってきた。
もし仰け反っていなかったら危なかった。
確実に壁一枚隔てた隣のベランダから、無言でハサミを投げ入れていた。

そういえば、隣人を全くと言っていいほど見なかった。
居る、ということは、物音などで分かっていたけれど・・・

だから当然、恨みを買われるような事はしていない。
それからも一年程そこに住んでいたけれど、こんな事があったのは、後にも先にもこの時だけだった。
なので余計に怖かった。


コメントを残す