ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖かった見知らぬ人

ごめんなさいねぇ(苦笑い)

公共施設の駐輪場で出会ったキチ親とのイラっとする話

公共施設の駐輪場で出会ったキチ親とのイラっとする話

子供の習い事で公共の施設に自転車で行った。
駐輪場は、隙間はあるもののいっぱいだったので、我が子を待たせて、他の自転車を整理してニ台分のスペースを作った。

出来た隙間に、私の様子を見ていた親子が自転車を何事も無かったかのように停めてしまった。
全くもってナチュラル。
あんまりなので

「そこ、私が停めようと思って寄せたんですけど」

と言うも、

「あらら。そうなんですか?ごめんなさいねぇ(苦笑い)」

と言いながら施設の中へ入って行った。




私が自転車を寄せているのを見ていなければ、こんなにモヤモヤしない。

あの親子は、私が動かし始めてからずっと自分の自転車に跨って見ていて、出来た隙間に停めようとその場を離れた(と、言っても2、3歩)瞬間に、そこに停めた。

その子供は小学校高学年くらいで、とある武術の胴着を着ていて、胸には何処の道場か刺繍してあった。
看板を背負って、こういう事をするなんて、指導者はいったいどんな指導をしているのか……


コメントを残す