知人から聞いた話を投下。
友達Aは一階の角部屋に住んでるんだけど、ベランダから柵を乗り越えると裏口への通路になっている。
裏口に続く道?みたいのはベランダに面しているので各部屋のベランダとガラス戸は丸見えになっているが、まあ普通裏口は使わないし大抵カーテンがかかっているので別に危ないことはない。

んで、ある日布団干しにベランダに出たそうな。
するとなんか変な臭いがする。
なんか子どもの頃に、カブトムシ入れっぱなしにしてたら、死んじゃってた時のひどいバージョンみたいな。

なんか気になってベランダを越えてキョロキョロしてみると、隣のベランダに黒い布をかけた箱があったそうだ。
部屋を見てみるとカーテン閉まってるし、真っ暗だから隣人が居ないと踏んで、ちょっとした好奇心から布をまくってみた(もちろん柵越ししにね)。
覗いた瞬間

「ヒッ」

って声あげてすぐ布を離したらしい。
Aが言うにはなんか黒い塊?でたぶん虫がいっぱい入ってた、とのこと。

「もぞもぞしてるしたぶん共食いとかしてたっぽくて気持ち悪かった」

と言っていた。




虫飼うの趣味で結局放置しちゃってんかな、とか思ってふとガラス戸を見ると、隣人がカーテンの隙間からこっち見てたらしい。

「へへへ、すいません、洗濯物飛んじゃって、」

とか言い訳したら無言でスッとカーテン閉じられてしまったそうな。
やべーと思って足早に裏口から出て正門に入って部屋に入ろうとしたら鍵が開かない。
Aはベランダから外に出たんだから当たり前。
アホである。

んでまた裏口通ってベランダから入ろうとした・・・ら、隣の部屋から謎の箱消えてるし。
自分が見てたから家の中に入れたんかな?って思って自分の部屋の柵を越えようとしたら、自分ちのベランダに例の箱の中身がぶちまけられてたそうな。

「ふざけんなよ!扱い切れなくなった虫の死骸を人んちに!」

と言ってAは憤慨していた。
気持ち悪かったんで大家さんを呼んで片付けていただいたらしい。

一応、隣人のことをそれとなく言ってみたがスルーされ、普通にAも隣人も引っ越していない。
今までどおり近所付き合いも皆無だそうだ。