ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖い隣人/ご近所, 怖かった見知らぬ人

マイホームを点検するオッサン

隣人にまつわる恐怖体験

隣人にまつわる恐怖体験

今から五年ぐらい前、オレが大学通ってた頃。
初めての一人暮らしも慣れてきて、自分のアパート周辺の事が大体把握できるようになってきた。

例えば、あの家とあの家は野良猫に餌付けしているとか、日曜の朝になると2軒隣の家の兄ちゃんは必ず家の前でバイクを整備するとか、うちのアパートの住民はゴミ出しのマナーが悪くて近所にすげぇ嫌われてるとか。

んで、オレのアパートのベランダの向かいにある家のオッサンがちょっと変わってて、夜8時になると必ず外から懐中電灯を照らして、自分の家の点検をするんだ。
ぐるっと一周したり、ドアのノブを回したり、2階に懐中電灯の光をあててしばらく凝視したり、時間にして30分ぐらいみっちりと。
死ぬほどマイホームを大事にしてんなぁと勝手に解釈して、見かける度に

「あー、今日もか」

ぐらいに思ってた。
その後何事もなくここで4年間暮らして、大学卒業に合わせて引っ越す事になった。




そんなある日、大学で用事を済ませて夜チャリで帰宅したら、向かいのオッサンがいつものごとくマイホームを点検してたんだ。
その時不思議と、このオッサンが懐中電灯持って点検する姿を見るのもこれが最後かー、って引っ越しが決まったからなのか、最高にどうでもいい事に哀愁を覚えちゃって。
当然話し掛けた事なんて4年間なかったんだけど、

「毎日点検されてますね」

って初めて話し掛けたんだ。
そしたら声が小さかったのか反応無し。

その時点でこっちの哀愁も冷めちゃってどうでもよくなったんだけど、話し掛けるために少しオッサンに近寄った手前気まずいから

「今日は寒いですね」

と、大きめの声で再度話し掛ける。
…反応無し。

オッサンは黙々と灯りを照らした塀に見入ってる。
???みたいな気分になってると

「シャッ!!!」

っと勢いよく音をたてて、その家のリビングカーテンが開き、中にいる紳士そうなオジサンがオレをガン見。
なんだいきなりと思っていると、オジサンが必死に首を横に激しく振ってる。

「???、へ?なに?」

とキョトンとしてる俺にしびれを切らしたオジサンが締め切った窓越しに、紳士顔を鬼のようにして

「そいつから離れろ!!!!」

びっくりしたオレがそいつ、つまりマイホーム点検中のオッサンを見ると特に変わった様子はないものの、急に恐ろしいものに見えてきて、急いでアパートの部屋に戻った。
息を切らしながらベランダの窓を少し開けて、マイホームを点検するオッサンを観察する。

混乱した頭を整理していると気持ち悪いことに気付いた。
そういやあのオッサン、向かいの家から出入りするところ見た事ない。


コメントを残す