ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖いママ(友)

助産師に息子のことを相談していたら…

見知らぬママに話しかけられたムカつく体験

見知らぬママに話しかけられたムカつく体験

生後5ヶ月の息子がいるんだが病弱というか、生後すぐ腸の動きが悪いとかでNICU入ったり、陰のう水腫で通院してたり、川崎病で入院したり、なにかと病院のお世話になること多い。
幸いどれも症状は軽く、後は経過観察のための通院だけ。

先日、市が開催する離乳食教室があったので参加した際に、助産師さんと話す機会があったので息子の病気についても相談していた。




すると同じ離乳食教室参加であろう見知らぬママに

「それってミュンヒハウゼン症候群ってやつ?」

と急に話しかけられた。
急に見知らぬママに、しかもそんな失礼なこと言われたので

「はあ?」

と思わず言ったら

「これだから若い母親は!言葉遣いがなってない!」
「ミュンヒハウゼン症候群も知らないなんて!」

と欧米人のように両手をあげて呆れたように言われた。
かなり頭のきたので

「わざと病気やケガをして人に心配されたい病気がミュンヒハウゼン症候群であって、子供や親しい人に病気やケガをさせて看病するのは“代理”ミュンヒハウゼン症候群って言うんですよ(キリッ」

とドヤ顔で言ってやった。


コメントを残す