友達の話ですけど不可解ってか怖い。

社長に不幸があって、仕事が午前中で終わった日があった。
真っ直ぐ帰ってもつまんないし、天気も良いしドライブでもして帰るかって思って適当にグルグル走ってたそうだ。

しばらく走ってたら何と無く見覚えのある風景が、高校の後輩の家がこの辺りで一回だけに遊び来たなあ、懐かしいなあって思いながら走ってたら道路の端に葬式の看板が見えたんだって。
中嶋家式場→みたいな。

「あれ?あいつ中嶋だよな?あいつの家か?」

って思いながら車を走らせてるとまた中嶋家式場→。

「おおー、まただ。確か家もこの辺だ。」

と思いまた走らせてると今度は細かく詳細の書かれた看板が目に入った。

src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>


どれどれと看板の横に車をよせて見てみると『中嶋○○が何日に逝去喪主○○』と書いてあった。

死んだのは後輩だった。
驚いて

「マジか…」

って声に出してつぶやいた瞬間、後部座席から

「あははwwマジマジww」

え!っと思い振り向いたけど誰もいなかった。

普通ならその死んだ後輩の声だと思うでしょ?
それがね「マジだ」って言った声が若い女の声だったそうだ。
まるで小馬鹿にしたかのような明るい声。
死んだ後輩は男。

その後、怖いながらも後輩の家に向かい線香をあげてきたらしいが後から聞いた話で、その後輩は自殺して原因はストーカーみたいな女に粘着されて、呪ってやるとか殺すとか書いた手紙を大量に貰ってノイローゼになって死んだとか何とか。
あの声、その女のだったのかなって思うと何か怖い。

ちなみに、その女は生きてるけど精神的にヤバくて入退院繰り返してるらしい。