ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖い妻/怖い夫, 怖い家族

夫は姉の世話係。生まれた頃からそういうしつけをしてきたのに、お前のせいで台無しだ…姑の言葉に唖然

夫の家族にまつわる恐怖体験

夫の家族にまつわる恐怖体験

私が仕事も辞めて、コトメの面倒見る事が大前提のはずなのにどうしてそんなに偉そうにできたんだか。
施設の話をしても

「そんな所に娘ちゃんを入れようとするなんて!」

と罵倒の嵐。
ウトメから

「娘の面倒を生涯見てくれる人が必要だったから夫を産んだ。子供の頃からそう言い聞かせてて来た。なのにお前が邪魔をするな」

とオブラートに包んで言われ、

「それは夫さんを娘の為に介護用品として使用する為に産んだと言う事ですか。凄いっすね。」

と言ったら激怒された。
きつい言い方だったけど、こっちもカッカしてたから。

「もうとにかくこんな女とは別れろ、今お前に必要なのは娘だ!」

というウトメに

「夫に必要なんじゃなくって、年取って面倒見切れなくなった自分たちの為に必要なんでしょ?w」

と笑ったら追い出されちゃった。
本当に襟首つかまれて引きずられてドーーンとw
夫は私をかばう事なく

「なんて酷い女だ」

と怒りっぱなし。

ちなみにコトメの障害の原因はトメの事故。
チャイルドシート無でかごに生後間もないコトメを入れて、助手席に置き、雪道で運転中にスリップして擁壁に激突、そしてコトメがフロントガラス突き破る位の勢いで吹っ飛んだ為。
まさに生きてるのが不思議な位で、数年後コトメの為の子を産んだ、それが夫。
ちなみにシートベルトしてたトメは軽傷、コウトは何か所も骨を折るなどの重傷、半年近く入院したそうだ。




その後、離婚に向けて準備してたら、夫から

「俺って本当にお前が言う通りの子供だったのかもしれない」

と電話がきた。
すっかり憔悴しきって、かわいそうなので話を聞いてやる。

当たり前でしょうが。
結婚式の事もあるけど、それ以前にあんた習い事一つせず、ずっと姉の面倒見る手伝いしてて、兄は何もしてなかったでしょうが。
お姉ちゃんの事面倒見なかったらご飯抜きだったんでしょうが。
何度も何度も言っていた「悔しかった記憶」は出銭ーのアトラクションに乗る兄と両親を見つつ、自分は姉の面倒を見る為に外で待ってた事でしょうが。
まともな親ならどちらかが残って、姉の面倒見るでしょうが。
こんな感じで説得。

「せめて子供が出来るまでは別居にしたい、少し二人の時間が欲しい」

と言っておいたので、最初は別居だったが、これを機にウトメの同居要請が激しくなった。
やっぱり馬鹿エリートなんで、29年間の教育と、私との短い結婚生活での再教育では洗脳の度合いが違うため、ウトメに説得されるとまた戻る。

「もう同居しないとヤバいだろ」

という夫に

「人生コトメちゃんに捧げたいなら一人でやって。私は幸せになる為に結婚した。奴隷になる為じゃない」

と言うと、また目が覚める、のループ。
そしてウトメ宅に呼び出され、罵倒されまくり、

「お前はコトメの為に生れた子なんだぞ!コトメに感謝しろ!その息子と結婚したお前は、コトメの面倒をみる義務があるんだ!」

と叫ぶウトを見て離婚を決意。
うつむく夫に

「夫クン、私あなたが好きだけど離婚しか無い。この人たちと縁戚関係にある事が苦痛だ。私は介護用品じゃない。あなたは親の言う事をよく聞いて、コトメちゃんに感謝しながら生きて行って」

と言って家を出た。
そしたら追いかけて来たので、うるさい電話線引っこ抜いて朝までじっくり話し合い。

離婚する前に、と思い、散々夫を責めた。
なぜあそこで言い返さなかった、なぜ私をかばわなかった、と責め、夫も

「どうしてか、コトメの事を持ち出されると後ろめたくて…」

と悩み始める。
で、私も甘いので、夫が壊れきる前にカウンセリングを受けに行った。

本当にモラハラだのDVだのの被害者が逃げられない、ってのがよーく分かる。
自分でもおかしいって思ってても、逃げたりできないんだよね。
こっちにしたら当たり前で、唯一の方法だとしか思えないのになぜか出来ないという…
それでやっと義実家と距離を置く事を決めた。

引っ越して、引っ越し先は教えない。
電話も夫携帯のみ、私は無関係、と。
それからしばらくして、私が妊娠。

最初は大喜びだった夫がふと不安そうな顔をする時があり、きっと義実家の事だと思ったらやっぱりそうだった。
どうしても自分の子供の誕生を祝ってほしいって思ってたみたいで、何かそれにすがってる様な感じがして痛々しかった。
ある日、帰ってきたら血まみれで怪我だらけ。

「どうしたの!!」

と聞くと、

「親父とケンカしてきた。もう戻らない」

義兄には既に2人の子供がおり、ウトメはそれはそれは目の中に入れても居たくない程の溺愛ぶり。
兄嫁には私に強制したコトメの世話などはさせていない。
私にコトメを散歩させてこいと言ったウトメに兄嫁が

「私も…」

と言うと、

「あなたはいいのよ、座ってな」

と言うほど。
いい人な兄嫁は何とも居心地悪そうにしてた。

やっぱり洗脳が完全にとけていなかった夫は、「きっと両親は兄の子供たちの様に家の子も可愛がってくれるだろう」と思い、義実家へ報告に行ったそうだ。

そしたらウトはお祝いどころか

「勝手な事をして!」

と怒り始めたそうだ。
挙句

「中絶しろ!しないのなら腹を蹴れ!お前の子供はコトメだ!」

とまで言ったらしい。

「コトメを大事にするのは子供思いだから。そんな母なら、俺の喜びを分かってくれる」

と望みをかけたが、

「何でコトメちゃんがいるのに子供作ったの!?そんなにコトメちゃんが嫌いなの!?私たちが死んだら誰がコトメちゃんの面倒をみるの!?中絶しろとは言わないけど、生まれた子の養子先を見つけてくるから!」

と言われ、ウトも頷いた。
それで切れた夫はウトと殴り合いしてきたらしい。
完璧に洗脳が解けたと思い、嬉しい反面夫を慰めるのが大変だった。

でも怒ったよ、ものすっごく怒った。
さすがバカエリート、ちょっと想像したらそうなる事くらい分からなかったのか…
それに何で私に何も言わずに子供の事を話したのか。
もしウトメが家の子をベタ可愛がりでもし始めたら、また元の木阿弥でしょうが…
会わない方がいいっつーのに。

夫はさっそく転勤願いを出し、私は赴任先で出産。
産院の予約も入れなくちゃいけないし、何度も夫が赴任先へ往復してくれた。
凸くらったらたまったもんじゃないし、転勤までマンスリーで生活。

無事子供が生れ、小さな頃はふと寂しげな顔をする夫だったけども、大きくなる頃にはそんな事も無くなった。
次々と3人も生まれたから寂しいと思う余裕もないのかもしれないけどもねw
義実家とは当たり前だけど連絡も取ってないし、会ってもいない。
私実家への凸もあったが、うちの両親も弟も参戦して追い払ってくれたらしい。
それに完全に転勤族になっちゃったから、全国津々浦々まわってまいりますw


コメントを残す