小学生の時にピアノ教室に通っていました。
自宅から10分ぐらいの先生のお宅に自転車で行き、今とは違い親の送り迎えなどなく6時ぐらいなら一人で通っていました。

その日ももちろん一人でした。
辺りは既に暗く、寒かったことを覚えています。
早く教室に着きたくていつもよりも急いでいました。

自宅を出てすぐ、公園の前に車が停まっていました。
その車の前を通った時、ヘッドライトが点いて車も動き始めたのです。
最初は何とも思っていませんでした。




「おかしいな」

と思ったのは大きな道から狭い道に入った時です。
この道を通る車はほとんどないことを知っていました。
でも車も曲がったのです。

怖くなり、わざといつもは曲がらない道に入ってみました。
車も曲がります。

「ついてくる」

そう思いました。
次の道を曲がった瞬間に全速力で自転車をこぎ、知らない家のガレージに隠れました。
車は気付かなかったようで、ガレージの前を通り過ぎます。

怖くて暫く隠れていると、なんともう一度その車が前を通り過ぎたのです。

「探されてる」

と思いました。
怖くて、怖くて、30分位ずっと隠れていました。

結局あの車が何だったのかは分かりません。
でも、もしもあの時に見つかっていたら…
と思うと今でもゾッとします。