ある人の行動や性格が、急にいつもと違うようになると「人が変わる」といいますが、性格が急に変わってしまった人がいます。

その子(仮にA)は、元々とても嫌な性格をしていました。
常に人を疑ってかかり、そのくせ真偽を自分で確認しようともせず、いつも他人が悪いと愚痴っていました。
自分が忘れただけのものを

「お前が隠したのか!」

とヒステリーを起こすこともしばしばで、そんな風だから友達も私しかおらず、私も内心Aのことを嫌な人だと思っていました。
けれどそんなAにも良い所はあったし、最後にはきちんと謝罪をしてくれるような人だったので、私はAを嫌な人だと思いつつもAから離れる事が出来ませんでした。




そんなAが中学二年生になって、ある日のことでした。
いつものように教室に行くと、Aが笑顔でおはようと挨拶してきたのです。
私はすぐにAの行動に違和感を覚えました。

Aは前述の通りの性格ですから、自分から挨拶などしたことなどありません。
いつも私からでした。
なのに今日は元気にあいさつしてきた?

強烈な違和感を感じたのは私だけではなく、クラスの人達も戸惑っているようでした。
もしかしてからかっているのではないかと暫く合わせてみましたが、いつもの素が出る様子が全くありません。
その日のAは始終朗らかで冗談をよく言い、人と話す時はいつも笑顔で元気に喋っていました。
突然、いままでとはまるで正反対の人間になったのです。

どうせ明日にはまたいつものAだろうと思っていましたが、その日から本当にAは変わってしまいました。
陰湿で疑い深くて、しかしそれでも離れがたかったAはもういません。
Aはその日を境に人が変わってしまったのです。

あの日から明るくなったAはまるで作り物のように思えて、私はそれ以来Aと疎遠になりました。
Aはその後沢山友達も出来て人気者になりましたが、私は今でも「今のA」が恐ろしくてなりません。人の性格が一晩で変わるものなのでしょうか。

もし変わるとしても、十数年培った性格が急に変わるものなのでしょうか。
長年友達だった私には、今のAが「A」という皮を被った別人にしか見えません。

なにより人が変わってからのAは、笑顔を作っていても目が全く笑っていませんでした。
誰に対しても、濁った眼を歪めながら口だけを大きく笑わせていたのです。
陰鬱だった時のAは、珍しく笑う時があると本当に嬉しそうに笑っていたのに…。

変わってしまったAの笑顔を思い出すと、今でも背筋が少し寒くなります。
私の友達だったAは、いったいどこへ行ってしまったのでしょうか。