私の女友達の怖い話です。
その友達は、高校が同じでした。
いつも一緒に帰っては、色々なお店に立ち寄って遊ぶのが楽しみでした。

そんな帰宅時、友達が隣の高校の男子に告白されました。
とても魅力的な男性で、すぐに友達は付き合う事にしました。

見た目もとてもお似合いな二人で、私が見てもうらやましかったです。
その友達もだんだん綺麗になっていき、上手くいっているんだな~と思っていました。




でも半年ほどすると、その友達の口数が少なくなってきました。
喋りかけても応答が遅く、窓の外をボーっと見ている事が多くなったのです。

そんなある日、彼女のノートを見てしまいました。
そのノートは、その子の日記帳のようなものです。
たまたまその子の机の上に置いてあったので、最近の様子が気になっていた私は悪いこととは思いつつ、見てしまいました。
するとそのノートには

「死ね、死ね、死ね」

という文字がずらりと書かれていたのです。

そういえば、笑顔も減り口数が少なくなってしまった彼女は、付き合っている彼氏の事を話さなくなったように思います。
思い切って彼女に彼氏の事を聞いてみると、上手くいっていないと言うのです。

どうやらその彼氏はとても女グセが悪く、他にも色々な女性と付き合っているようなのです。
そのことで喧嘩になったりすると、彼氏にぶたれたりすることもあるそうです。
そういえば、口の横に傷があったり腕が赤くなったりしていた事がありました。
彼女は彼への憎しみをノートに書き、恨みを晴らしていたようです。

数日後、その彼氏は自転車で転んで打ち所が悪く、腕を骨折したと聞きました。
彼女はほどなくして彼とは別れたようですが、その骨折は単なる偶然なのか、それとも友達の恨みが通じたのか…。
呪いというものがあるのかはわかりませんが、背筋がゾッとする出来事でした。