母子家庭で育った私には7つ離れた兄がいる。
昔から暴力の絶えない兄だったが、母は見て見ぬ振り。
兄弟喧嘩で終わらせてしまうのが常だった。

高校受験間近の頃、テストで帰りが早く昼寝をしていたら何やら物音がして目が覚めた。
部屋をから出るとそこには骨が剥き出しになったビニール傘で鬼の顔をした兄に殴られている母の姿。




母が殴られたのはこれが初めてだった。
廊下一面は母の血で染まりまさに血の海だった。
助けてと聞こえたが190cmある兄に太刀打ち出来る訳が無い事は経験則で知っていたパニックになりながらも救急車を呼ばなくてはと二人を横切り受話器を取る。

すると母は

「呼ぶな!」

と叫ぶ。
その声で兄も目が覚めたのか真っ青になりながら

「救急車!」

と二人が叫ぶ。
どうすればいいのかなんて考えられる訳もなく、ただ一つ言えたのは兄を犯罪者にしたら母が悲しむ。
それだけの理由で受話器を置いたのが最大の修羅場。

十数年後、私の結婚が決まった際に何気なくその話をした所、

「男の子はやんちゃだからね」

と笑って話す母を見て、もうだめだと絶縁&厄落としさせて頂きました。