高校のときにバイト代で貯めてた約200万が従兄と叔母に使い込まれたときが修羅場だった。

理由があって中学入学~高校卒業まで俺だけで従兄の家に居候してたんだ。
親は頼れない状況だった。

従兄の家は共働き、従兄は当時専門学生。
従兄は入学金以外の授業料は自分で払う約束で専門に入った。




俺は高校入ってからバイトして自分の学費と食費として月1万を従兄の家に入れてた。
プラスで奨学金ももらってた。
学費は引き落としで食費は叔母に下ろしてもらってた。
自分で持ってると使いそうだったから通帳もカードも叔母に渡してた。
カードは叔母が持ち歩き、通帳は全員分のを印鑑もまとめて置いてあった。

叔父との話し合いで面倒を見てもらうのは高校卒業までと言う約束だった。
この約束は叔母も従兄も聞いていた。
金を貯めてた理由は一人暮らしのため。
ここまでが前提。

高3の1月に担任から呼び出しを受けた。
いきなりだったんで何のことか分からず行ってみると、学費が足らないって言われた。
引き落としで無駄には下ろしてないので、そんなことないはずと言ったが間違いないとのこと。
確認してから次の日もう一度話すことになり帰宅。

その日は叔父が仕事休みで家にいたので聞いてみるが知らないといわれる。
その後バイトで叔母と従兄が帰るまでいれなかったのでバイトに。
バイトから帰宅すると叔父は飲みに行ってたので、二人に聞くと使ったと言われた。

使った内容としては、従兄の学費に150万ほど、あとは叔母が物買ったりしてたらしい。
その段階で俺ブチ切れ。

当然俺はその後の生活があるし学費もあるので返せだったが、そんな金ないむしろここまで誰が育てたとうんぬんとか言い出すし、従兄はお前のせいで不自由したんだからこれくらい当然とか言い出して話にならない。
(当時部屋は別だったし、従兄の役目だった飼い犬の散歩などを肩代わりしてたし、俺がゲーセンの景品で取ってきたPS2を自分のものにされてたので不自由にはなってない。)
次の日学校もあったし、バイトで疲れていたのでその日はそこで終わった。

学校行ってから担任に2月の給料日まで学費待ってもらうように説得して、学費の件は何とかなった。
帰宅後、その日はバイト休みだったので、仕事中の叔父に連絡してまっすぐ帰ってきてもらうことに。
叔父が先に帰宅したので知ってて黙ってたんじゃとか思いつつ、事情を説明したら本当に知らなかったらしく土下座までされた。

叔母と従兄が帰宅後が従兄たちにとっては修羅場だった。
叔父が叔母や従兄を殴り飛ばすわ、二人の頭抑えて土下座させるわで、むしろ俺がそこまでしなくてもと止める側だった。

結局二人共金は使っちゃってて持ってなかったので、その場では通帳とカードを取り返すだけだった。
俺にとってはその後の方が修羅場でバイトは2月いっぱいで止めると言ってあったので、どうあがいてもあと2回(しかも3月に入る給料はいつもの半分)だったのに、部屋探さなきゃいけないし、家具も用意しなきゃだし、就職の準備もしなきゃで明らかにお金が足りない状況だった。

叔父が10万は用意してくれたけど家具まで手が回らずで部屋決めて布団だけ買って、残りは最初の給料まで食費を最低限まで切り詰めていたのが修羅場だった。
1月以上八畳一間に布団が1セットのみだったのは辛かったわ。