自分が一人暮らししていた時の事。

夜に友人が遊びに来ると言うので、午前中から準備の為に出かけた。
友人と食うものとか飲むものを買って、昼過ぎに帰ってきた。
アパートの近くまで来た時、道に男性が一人ボーっと立っていた。
自分は別になんとも思わずにその前を通り過ぎたのだが、その男性がフラフラと後をついてくるので、怖くなって、わざと回り道をしてビクビクしながらアパートに帰った。




夜にチャイムが鳴ったので、友人が来たと思ってドアを開けたら、そこに立っていたのは友人じゃなくて昼間の男性だった。
怖くて固まってしまったんだけど、その男性は自分に無言で一つ風船(膨らましてある)を手渡すと、そのまま去っていった。

部屋が知られたというのが怖かったけど、特にそれからは何もなかった。