中学生の時の話。
俺は高校生になるまで、かなり山の方に住んでいたので、街灯があるとは言え、夜になると道は本当に真っ暗だった。

で、俺が住んでいた住宅地の一つに、ちょっと変わった人が住んでいて有名だった。
身長1m90cmはあろうかという女の人で、それだけでも目立つのに、彼女は常に地面に付くぐらいの服(覚えてる色は赤、黒、黄色)を着ていて、チューリップハットみたいな帽子を被っていた。

そのせいか、顔はあの時までまともに見たことがなかった。
見たこともないような、すごい量の草が家を囲っていて、夏にそこを通る時なんかは、毛虫などの虫が大量にいてちょっと気持ち悪かった。
俺の家はそこから離れていたから良かったが、彼女は近隣住民とのトラブルが絶えないみたいだった。
言い争いをしている所を数回見かけたことがあったが、何しろかなり背丈がでかいので、遠くから見てもかなり威圧感があった。




そしてあの日。
俺は部活の練習で学校を出たのがかなり遅くなってしまい、すっかり暗くなった道を一人で帰っていた。
そして、ちょうどあの家の前に差し掛かったとき、満杯になった黒いゴミ袋を引きずるようにして歩く彼女と、鉢合わせになってしまった。

ビクビクしながら通り過ぎようとすると、彼女がこっちに近づいてきた。
完全にアワアワしている俺の前にしゃがみこみ、あのチューリップハットを取り、自分の口元に人差し指を当て、ウインクしながらこう言った。

「部活、お疲れ様。今日会った事は、明日の朝まで誰にも言わないで」

その時初めて顔を見たんだが、めちゃくちゃ綺麗な人だった。
今で言えば、仲間由紀恵をさらにパワーアップしたような感じ。
これ本当に隣人といい争いしてたあの人か?と思ったぐらいの。
掛けられた言葉も、予想していたのと全然違う優しいものだった。

ただ、彼女が手にしていた、明らかに生活ゴミは入っていないであろう黒いゴミ袋が、やっぱり普通とは違う雰囲気を放ち続けていた。
ゴミ袋の中は、どう見ても何かが蠢いているようにしか見えなかった。

「う、うん」

と俺が震えながらも答えると、

「ありがとう。バイバイ」

と、その場で俺を見送ってくれた。
怖かったからか、曲がり角に着くまでは、歩きながら何度も後ろを振り返って彼女に手を振った。
その度、彼女も手を振り返してくれていた。
そして曲がり角を曲がり、お互いの姿が見えなくなったところで、猛ダッシュで家まで帰った。

結局その話は、その日家族にすることなく、次の日を迎えた。
休みの日だったので昼に起きると、何だか家が騒がしい。
母にどうしたのか聞いてみると、あの彼女が逮捕されたとの事だった。
え!?と驚く間もなく、母親が続ける。

彼女は昨夜、隣人の家のガラスを石で叩き割り、巨大な蜂の巣を何個もぶち込んだらしい……。
その家の人は蜂に刺されまくって全員病院行き。
その後彼女が出頭してきたそうだ。
その時すぐに理解できた。
あのゴミ袋の中は、蜂の巣だったんだと。

結局、彼女はあれ以来戻ってくることは無く、蜂に襲われた一家もそのまま引っ越してしまって、それ以来そこは、俺が離れるまで2軒とも空き家のままだった。
どうしてあんなに綺麗な人があんな事をしたのか、色んな事情があったのか、俺には分からないが、あの日の会話は今でもはっきりと覚えている。