身の危険を感じた話。

2006年だったかな。
大学生だった俺はたまに出会い系やってたわけ。
で、たまたまヤフチャ(ヤフーチャット)で近場の女と知り合って地元話で盛り上がって、いきなり会おっかみたいになったの。

んで駅で会って、カラオケが混んでて入れなかったので、女が

「知り合いの家にいこうか」

って言ってきた。




俺もバカだから了承して行ったのが間違いで、着いたのは超汚くて薄暗いアパート。
入ってしまうと中に50歳くらいのキチガイ的おばさんがいて、その愛人らしきおじさんが酒飲んで酔っぱらってた。

奥のリビングに通されて、リビングと引き戸で仕切られてる隣の部屋から、おばさんの子供の奇声が聞こえる。
ここで初めて身の危険を感じる。

何を話したか覚えてないが、これはやばいと思って、コンビニ行きたいって言ってそのまま出て逃げた。
出会い系の女は俺に着いてきて、キチガイなところ連れていきやがってふざけんなって切れたんだけど、 出会い系女もすごい謝ってきて、とりあえず晩飯食ったんだ。

その帰りに出会い系女が駅の階段降りてたら、突然走り出して電車に飛び乗り一人で乗ってしまい、わけもわからず一人で帰った。
そのあと出会い系女から電話が掛かってきて、

『電車が来たから急いで乗ってしまって、あとであなたがいないのに気づいた』

とかわんわん泣かれて、もう訳わかんない状態になった。
しかもキチガイおばさんの家に戻っているらしく、受話器の向こうでさっきのキチガイおばさんの声の奇声が聞こえた。

ちなみにその出会い系女は最後の電話の時、

『また会いたいから住所教えて』

とか、

『いまから外出て。見つけにいくから』

とか、マジ肌がざわってなった。
で、たぶんキチガイおばさんは受話器のむこうで、

『(あたしんちに)帰ってこいよ!』

とか発狂してた気がする。
一ヶ月後くらいに駅でキチガイババアと愛人おっさんを見かけた時は血の気ひいたわ。
向こうは気づいてなかったけど。